スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

必要に応じて読み方を使い分ける 

 

本を一冊、最初から最後まで読む…

 

多くの人が、

 

これが正しい読み方…

 

だと思っています。

 

 

たしかに、

 

この読み方が間違っている…

 

わけでありません。

 

 

では、

 

この読み方しか、正しくないのか…?

 

というと、

 

そうではない…

 

のです。

 

 

たとえば、

 

必要なところだけ読む…

 

というのも、

 

また、正しい読み方…

 

と言えるのです。

 

 

言い換えれば、

 

小説は小説の読み方…

 

があって正解だし、

 

実用書は実用書の読み方…

 

専門書は専門書の読み方…

 

があって正解だということなんです。

 

 

つまり、

 

必要な情報を素早くインプットする…

 

とか、

 

じっくり楽しみながら行間まで読み込む…

 

というように、

 

ケースバイケースで読み方を使い分ける…

 

ことも必要だということです。

 

 

必要に応じて読み方を使い分ける…

 

「これが正しい」と決めつけるのではなく、必要に応じて使い分けることが必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/09/15 06:58 ] Today | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://b888b.blog16.fc2.com/tb.php/2216-e0908d86










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。