スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相手のリズム合わせる気配りや、工夫をする 

 

文章を書くとき…

 

話しをするとき…

 

話しを聞くとき…

 

こういったとき、

 

気を付けなければならいこと…

 

が幾つかあります。

 

 

その中の1つが、

 

相手のリズムを考える…

 

というポイントなんです。

 

 

たとえば、こんなケース。

 

 

本を読んでいるとき、

 

文章のリズムが合わない…

 

と感じたことはないでしょうか…?

 

 

リズムが合わないことで、

 

読みにくく、いくら読んでも頭に入ってこない…

 

こんな経験があるのではないでしょうか…?

 

 

たしかに、

 

書き手にしても、話し手にしても、聞き手にしても自分のリズムで進めている

 

のが悪いわけではありません。

 

 

しかし、

 

自分のリズムに合わせろ…

 

というの、ちょっと考えものなんです。

 

 

上述したように、

 

読み手、聞き手、話し手…

 

にとっては、

 

リズムが合わないと、苦痛でしかない…

 

からなんです。

 

 

つまり、

 

自分のリズムに合わせる…

 

のではなく、

 

相手のリズムに合わせる…

 

ことが必要だということです。

 

 

相手のリズム合わせる気配りや、工夫をする…

 

自分リズムで押し通せば、自分は楽で良いかもしれませんが、受け手は反対に苦しいだけですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/09/20 06:36 ] Today | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://b888b.blog16.fc2.com/tb.php/2221-08ea9e85










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。